VEX JAPAN

VEXについて

ABOUT

VEXロボティクスとは

VEXは、アメリカで生まれたSTEM教材です。
ロボット工学を通じて次世代の暮らしに必要とされる【主体性】を育むことを目的に開発されました。ハードウエア(ロボット)の販売だけではなく、最新の学習環境を提供できるようソフトウエアとカリキュラムが開発されています。また毎年新しいテーマの競技大会を開催しており、世界中のこどもたちは、競技大会を通じてSTEM教育に没頭しています。
この4つの構成要素で、こどもたちは【考え→行動し→検証する】をくり返し、主体的に学習するプロセスを身につけるだけではなく、ソーシャルスキルも学ぶことができる教材です。

4つの構成要素

ハードウエア
小学生を対象にした授業に導入しやすいロボットから、世界で24,000チームが使用する競技用ロボット、研究用の本格的なロボットの3機種がラインナップ。
ソフトウエア
専用のソフトウエアを使用すれば、すぐに自律ロボット製作に取り組めます。簡易的なブロック言語から本格的なテキスト言語の移行のしやすさが特徴的。
カリキュラム
ロボット工学とコンピューターサイエンスの名門カーネギーメロン大学とSTEM教育に準拠したカリキュラムを共同開発し、60ヵ国以上で無料配布。
競技大会
ワークショップや練習大会、本戦を含むイベントを、世界中で年間2,500回開催しています。世界大会は、一堂に会する参加者の多さがギネス記録になっています。

コンセプト

CONCEPT

VEXは、次世代を担うリーダーを育成するための教材です。

これからの時代を切り拓いていくのは、今を生きる子供たちです。
その子供たちに引き継がれていく課題は、私たち大人が子供の頃に課せられたもの以上に複雑化し困難を極めています。
子供たちが、自ら未来を切り拓く力を身につけるには、問題を論理的に捉え、課題を解決する方法を学び、経験していく必要があります。
VEXは、これからさらに求められる資質・能力を培う教材として、子供たちに理数工学に対する興味を早い時期から持たせ、好奇心を刺激し自ら学ぶ力を身につけさせるSTEM教材です。
また競技大会を通じて、チームワーク、リーダーシップ、コミュニケーション力、グローバリズム、プロジェクト遂行力、課題解決力、クリティカル・シンキングといったソーシャルスキルも育みます。

スチューデント・センタード

VEXロボティクスの教育概念は、【スチューデント・センタード】です。
スチューデント・センタードとは、常にこどもたちが中心となって学習することを意味します。こどもたちが【考え→行動し→検証する】を実践するためには、大人のアドバイスは必要ありません。VEXは、ロボット製作やプログラミングによる制御など、大人でも本気で楽しめる教材ですが、子供たちに場所と時間だけを与え、子供たちが考え、失敗し、問題を見つけて課題を遂行していく機会を与えます。

製品について

PRODUCTS

VEX V5

製品カタログ
VEX V5 カタログ ダウンロード
カリキュラム
VEX V5 カリキュラム 英語ページへ
STEM ラボ(英語のみ)
対象
高校生
実習時間
6-8時間
価格
無料(オンライン / オフライン)

VEX V5用のSTEMラボは、ロボット工学とコンピュータサイエンスで世界的に有名なカーネギーメロン・ロボティクスアカデミーの認知科学者チーム(情報処理の観点から知的システムと知能の性質を理解しようとする研究分野)と学校の教師たちで共同開発されました。

STEMラボには以下の内容が含まれます
・初心者からでも始められる教育内容
・実社会とのつながりに取り組む内容
・簡易的で実践可能な教材
・各学習レベルにあった教育内容

ソフトウェア

VEX V5

VEXcode V5 Blocks
VEXcode V5 Blocks

OS:Windows / Mac / Chromebook

VEXcode V5 Text
VEXcode V5 Text

OS:Windows / Mac

詳細はこちら

Robot C for VEX
Robot C for VEX

OS:Windowsのみ
言語:グラフィカル言語 / テキスト言語(C言語ベース)
オフラインで実行可能

詳細はこちら

Robot Mesh Studio
Robot Mesh Studio

OS:Windows / Mac
言語:グラフィカル言語(Flowol、Blockly)、テキスト言語(Python)

オンライン版

デスクトップ版

VEX Cortex

Robot Mesh Studio
Robot Mesh Studio

OS:Windows / Mac
言語:グラフィカル言語(Flowol、Blockly)、テキスト言語(Python)

オンライン版

デスクトップ版

Matlab and Simulink
Matlab and Simulink

OS:Windowsのみ
言語:グラフィカル言語
オフラインで実行可能

詳細はこちら

PROS
PROS

OS:Windows / Mac
言語:テキスト言語(C++)
オンライン上級者向け

詳細はこちら

VEX IQ

製品カタログ
VEX IQ カタログ ダウンロード
カリキュラム
VEX IQ カリキュラム ダウンロード
VEX IQロボティクス教育ガイド
対象年齢
小学2年生から中学2年生まで
実習時間
12章 / 50-80時間
価格
無料(印刷版のみ有料)

VEXロボティクスは、このロボティクス教育ガイドを小・中学生用ロボット教育のVEX IQプラットフォーム教材として開発しました。
このガイドでは、章ごとに学ぶだけでなく、まとめて一気に勉強したり、あるいは好みの章だけ個別に勉強したり、それぞれの用途に合わせてお使いいただける柔軟性が高い12の章にまとめられています。VEX IQ教材を通して、生徒だけでなく先生も一緒に、科学、技術、工学、数学の未知の世界へ出発しましょう。

ソフトウェア
VEXcode IQ Blocks
VEXcode IQ Blocks

OS:Windows / Mac / iOS / Chromebook

VEXcode IQ Text
VEXcode IQ Text

近日公開

詳細はこちら

Robot C for VEX
Robot C for VEX

OS:Windowsのみ
言語:グラフィカル言語 / テキスト言語(C言語ベース)
オフラインで実行可能

詳細はこちら

Robot Mesh Studio
Robot Mesh Studio

OS:Windows / Mac
言語:グラフィカル言語(Flowol、Blockly)、テキスト言語(Python)

オンライン版

デスクトップ版

VEXcode VR

VEXcode VR

English

VEXcode VRを使ってみる / Go to vr.vex.com

スクラッチのブロック式ソフトウエアを使って、仮想空間でロボットのプログラミングが可能になりました。VEXcode VRは、VEXIQやV5ロボットに使用されているソフトウエアと同じプログラミング環境です。VR(※1)が実社会に浸透してきた今日、実際のロボットに触ることなく、生徒も先生も、自宅にいながらSTEMを学習することが可能になりました。

(※1) VR: Virtual Reality、仮想現実


VEXcode VR

ロボット+プログラミング

色々なプログラミング学習環境の選択肢がありますが、その中でも、特にロボットを使ったプログラミング学習環境は、とくに子供たちの学習意欲を高めます。VEXのロボットとVEXcodeを使用すれば、小学生から高校生まで、ロボットを制御する学習環境を提供してくれます。またVEXは、プログラミングとSTEMを学ぶだけではなく、ソーシャルスキルも育めます。授業だけではなく、競技大会にも参加して、次世代を担うリーダーの育成を目指していきましょう。

VEXcode VR

ウェブアプリ

VEXcode VRは、ほとんどのPCやタブレットで使用可能です(※2)。ソフトウェアのインストールは不要で、すぐに始められます。

(※2)Windows, Mac, Chromebook, その他ウェブブラウザの動作するほぼ全てのPCおよびタブレットに対応

VEXcode VR

仮想空間

三次元の仮想空間からさまざまなプレイグラウンドを選択して、ロボットの機能を試すことができます。ロボットの制御の再現には、好みの視点から確認することができます。プレイグラウンドには、グリッドワールド、アートキャンバス、迷路があり、これからもさらに色々なプレイグラウンドが追加されていきます。

VEXcode VR VEXcode VR

挑戦

教育専門家チームが、簡単で、取り掛かりやすい課題を作成しました。すべてGoogleドキュメントで作成しているので、課題を追加・編集することもできます。

課題に挑戦してみる / Access VEXcode VR Activities

VEXcode VR

ライブ・ダッシュボード

ダッシュボードを使用して、ロボットの現在位置などのデータをリアルタイムで確認できます。

VEXcode VR

導入事例

CASE STUDY

導入

INTRODUCTION

ロボットで学ぶプログラミング教育

プログラミング教育とは、将来どのような職業に就くとしても時代を超えて普遍的に求められる力として、プログラミング的思考を育むことを目的とした教育です。
VEXは競技を目的にした部活動として、また機械工学や情報科学の授業に導入されています。

教材としてVEXが選ばれる理由

・加盟金やロイヤリティーが発生しません。
・導入がしやすく授業設定の自由度が高い教材です。
・先生のプログラミングや技術経験は必要ありません。
・世界大会に通じた国際交流イベントに参加できます。

導入までのスケジュール

導入までのスケジュール1
導入までのスケジュール2

よくある質問

英会話スクールでVEXを使って教えられますか?

VEXの英語カリキュラムをそのまま使用している学校もあります。子供は「考える→実行→試す」の動作を繰り返すことで、英語をコミュニケーションの手段として自然に吸収していきます。

地方で生徒数が少ないんだけど大丈夫かな?

チーム数が増えればイベントの開催も可能です。海外でも、町興しの一環として生徒の育成に力を入れ、イベントを開催しているメンターの方が大勢います。

理系出身じゃなくて自信がないんだけど教えられますか?

VEXは子供達が自主的に勉強をするアクティブラーニングに適しており、特にロボット製作中大人が関与しないことを勧めています。先生は、生徒に場所と時間を提供するだけです。

部活動に導入できますか?

加盟金や契約金がありません。生徒一人からでも負担額を抑えて導入ができます。大会出場には、大会運営本部に毎年チーム登録料(¥18,000税抜き)が別途必要になります。

購入

PURCHASE

  1. 注文書とカタログを
    ダウンロード
  2. 注文書に記入後
    メールで送信
  3. 見積もりを受け取り
    内容確認
  4. メールを返信して注文※内容を変更することもできます。
  5. 請求書を受け取る
  6. 支払い※現在銀行振込のみ対応
  7. 商品受け取り

お問い合わせ

CONTACT

すべて必須項目です。 All contents are required.

お問い合わせ項目
Category

お名前
Your name

メールアドレス
Your email
(携帯電話のキャリアメール不可)

お問い合わせ内容
Your message

※お問い合わせフォームにご記入いただく個人情報は、お問い合わせへの返信、及びその管理のために利用させていただきます。また情報の一部を弊社独自による市場調査に使用することはありますが、個人情報を記載したり公表することはありません。

※お問い合わせの内容によっては、お時間を頂戴する場合やお返事を差し上げられない場合がございます。